ほのぼのSEハラキリ日記

タイトルはテキトーです。未経験からSE目指す日記。

できない

今この界隈は泥沼、地獄巡りの運搬船

1、2の3でトラウマ捨てた、もう時間だ行こう…

 

というわけで早くも忘れかけていたブログを更新。職場はなかなか忙しく、帰宅してもバタッと倒れる生活を続けており、これがあと40年続くのかと思うとこみ上げるものがある。まあいずれ慣れるのだろう。しかしまだ辛い。

 

今のところ会社でしているのはプログラミングとかというより事務作業に近い。とはいえまだ慣れていないからか、簡単な作業でも消耗していく。バリバリ仕事できる人間になりたかったなあ…。

 

疲れているのでこれ以上文章が浮かばない。疲れているからしょうがないね。

働きたくないでござる

とても疲れている。大した作業はしていないが、大した作業をせずに職場にいるという時点でなかなか疲れるし、たまに渡される大した事ない作業もまだまだ上手くこなせず疲れるし、そもそも家の外にいると疲れる。なぜ好き好んでぎゅうぎゅう詰めになって空気の汚いトーキョーシティーに毎朝輸送されているのか。

 

未経験者な私がいる時点で当然ではあるが、この春入社した今の会社は「未経験オーケー!文系積極採用!」といった謳い文句だった。いざ配属された先にあるのは「つかえねーな…」といった空気を醸し出す人々である。騙されたかもしれない。まあ事実だし、想定以上に我々が使えないのかもしれない。面接で何を言ったかは覚えていないが、実際の大学生活では2chのまとめサイトをめぐることしかしてなかった人間である、諦めて欲しい。

自慢しておくと、私は運の良いことに鋼の如き頑強なメンタルを修行の末に手に入れていたので上司の皮肉や小言のダメージはさして無い。人格否定まではまだされてないし。まあ、同期の目が死んでいくのは心配である。

 

もっとこう、初学者の目から観たプログラミングの勉強法とか、そういう素敵な方法論を書くつもりでブログを始めたが、なかなかそこに行くまで遠そうだし、そもそも初学者の勉強法が役に立つかアヤシイものである。精神の鍛え方のほうが需要がありそうだが、自分でも宗教臭さを感じるような説明しかできないのが残念なところ。

当分のところ、新入社員が社会に揉まれて摩耗していく様を綴る日記になりそう。

吾輩はプログラマーである。できることはまだない。

このブログは新社会人であり、プログラミングとかいうものを一ヶ月前まで全く知らなかった私が凄腕SEになっていく(予定)までの過程をつらつらと記していくものである。

 

5分前に突然思いついて実行に移したわけだが、このブログの主な目的は「未経験者がSEになるまでの過程を記すこと」である。プログラミングを英語で綴ることさえ怪しい自分、当然入社までの期間に色々とネットでどうすればいいのか、何をする仕事なのか調べたりしていた(何故か勉強はしていなかった)のだが、さっきふと「そういえば未経験者がリアルタイムで成長していく日記のようなものは無かったな」と気づいた。あるのかもしれないが見つけられなかった。じゃあ自分が作るか、せっかく未経験だし、というわけである。もし途中で消えたらどっか駄目になったということで、まあそれでも試みは成功したということになるのでこのブログは成功しかしないはずだ。

…あと単純にこういうことしてないといつか心が折れる確信がある。

 

今の自分のステータスとしては、

2017年度卒、ピチピチの新社会人。入社するまでプログラミングはしたことがなかった。4月は研修でC言語を少しかじった程度。あとSQLも少し勉強した。5月に入り現場に初配属された…という状態。

一ヶ月じゃC言語なんて全然わからないですね。ポインタのポインタがあるってことはそのポインタのポインタのポインタの…?

 

誰も見てなくてもネットの片隅で細々と続けていきたい所存。誰に向かって言ってるのかわかんなくて恥ずかしいけど、よろしくお願いします。